風俗で働く前に知っておいたほうがいいこと

風俗業界で働く前に知っておきたい事

高所得の影に高いリスク

時代劇や小説で、吉原の遊女が性病にかかり、鼻がもげてしまったり、脳に病原菌がまわり、おかしくなってしまったり、というシーンを見たりすることがあると思います。 クラミジア、淋病、梅毒、エイズ(HIV)、B型肝炎、C型肝炎など、様々です。 これらの性病、正確には性感染症の感染者が国内で増加傾向にあります。

精神、生活を脅かすリスク

風俗業はサービス業です。 お客様あっての商売です。 人が人に奉仕する場面では避けて通れない認識の違いなどから来るトラブル。 特に、いち個人としての人生を狂わされるほどのトラブルに巻き込まれることもあり得るということです。 自分の力だけでは難しくても、お店が力になってくれることが多いです。

「出稼ぎ」という稼ぎ方

地方よりも店自体が多く、高収入につながりやすい東京や大阪などの都会へ挑戦する、という方も多いと思います。 また、逆に都心から短期間地方へ出稼ぎするというスタイルも増えています。 いずれにせよ居住場所など、生活や肝心な稼ぎにかかわることで、注意しておくことがあります。

一番怖い性病のリスク

風俗業界で働くには、知っておきたいリスクが多くあります。
一番よく言われるのは、急に収入が増えることによる金銭感覚のズレです。
勤め始めると、最初は新人ということで、この業界に染まっていない「ウブさ」がお客様にも受け、また、お店側もお客様が取れるようにバックアップしてくれるため、特に収入が高いといわれています。
いきなりお金が入ってくるようになってしまうので、勘違いしやすく、お金遣いが荒くなってしまう傾向にあります。
その後、お客様がなかなかとりづらくなり、収入が落ちた場合でも、一度ズレた感覚は変えることができず、借金地獄に陥いることが多いそうです。
このような経済面でのリスクに加え、健康面でのリスク、精神面でのリスク、生活面でのリスクなど様々あります。
大抵の方は短期間でこの業界から卒業することを望んでいると思います。
しかし、いざ卒業の時に、体も心も病んでしまっていてはその後の人生を台無しにしてしまいます。
収入の高さに目を奪われ、この業界、職種の抱えるリスクについて考えることをおろそかにしていると、危険です。
金銭感覚については自分自身で引き締める必要がありますが、健康面、精神面、そして生活面でのリスクはお店選びの時点である程度はリスク回避を試みることができます。
様々なリスクについて知識を深め、職場環境の整っているお店を慎重に吟味し、勤めることがまず第一です。
最近は、お店自体の件数も、その営業スタイルも増えており、職場環境に配慮している店も多くあります。
その中で、健康面や精神面などのリスクが回避できるお店なのか、そして、自分の希望するスタイルでの働き方が可能なお店を選ぶこともできるようになっています。
風俗業界で働く上で想定されるリスクと、回避するためのお店選びの注目点について調べてみました。