風俗業界で働く前に知っておきたい事

精神、生活を脅かすリスク

もしかして盗撮されてるかも

デリヘルの様な出張サービスでは、お客様の自宅に派遣されることもあり、事前に仕込まれた隠しカメラなどで盗撮されるトラブルが起こることもあります。
盗撮された動画などがネットでばらまかれたりしたら、と不安に思う方も多いと思います。
盗撮は犯罪行為なので、実際の発生件数はそれほど多くないようです。
お客様としては見つかって社会的制裁を受けるダメージを考えたらリスクが高すぎますから。
万が一、客先でおかしなことがあったら、電話などで必ずお店に相談するようにしましょう。
大切なキャストのためですから、お店でもそのような場面ではしっかりマニュアル化しているところが多いです。
しっかりしているお店であれば万が一撮影されていても消去するところまで完全に対応してくれます。
そういった対応ができるか否かも含めて、お店選びをしておくと安心です。

本番を強要されてしまった

お店の目を逃れて本番を強要するお客様もいらっしゃいます。
風俗では法律(売春防止法)で禁止されています。
本番をしてはいけないのは店のルールだからではなく、法律違反行為なのです。
法律違反につながるのでお店で禁止しているのです。
自分だけの問題ではないことを意識しておきましょう。
風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)や売春防止法に違反した場合は店の摘発を受け立ち入り検査、最悪の場合は営業停止処分が下ってしまうこともあります。
そのようなことになれば、すぐに働き口を探さなければなりません。
本番強要などについ応じてしまったりすることが、こういった最悪の事を招く可能性があります。
お店側がしっかりと法に基づいた運営をすることももちろんですが、勤める側としてもルールを守り、かつ、お客様に満足してもらえるようなサービスを心掛けることが大切です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ