風俗業界で働く前に知っておきたい事

「出稼ぎ」という稼ぎ方

そのお店、本当に「寮完備」ですか

募集要項にある「寮完備」を信じて上京してみたものの、その「寮」とはお店のプレイルームでした、なんてこともあるんです。
風俗店の中でも、ソープのプレイルームであればゆったりつかれるくらいのお風呂はあるでしょうけれど、職場に寝泊まりするのでは気持ちも切り替えられませんし、体の疲れも取れませんよね。
疲労がたまると、接客にも影響が出てしまいかねません。
地元を離れて都会へ出る際には、寮がどこにあるのか、どんな形態(シェアハウス?集合住宅?など)かを確認する必要があります。
風俗にお勤めするということはお金が必要な状況であり、いくら高収入な業界といえども、すぐには自分で部屋を借りることも難しいと考えられます。
おろそかにできない条件の一つです。

有難くもあり、足かせにもなる「保証」

出稼ぎの場合、日額、地方への短期出稼ぎの場合は期間中の収入について収入を「保証」する募集要項が多く見かけます。
日額5万円を保証した場合、その日の稼ぎが3万円だった場合は残り2万円を店が負担するという給与システムです。
収入の目安が立てられるので、とてもありがたいシステムですが、店側のリスクが高くなるため、稼ぎがあまり悪いと期間内でも帰らされたり、最悪な場合は保証の残額部分(保証割れ)を支払ってもらえなかったりすることもあります。
また、12時間待機など拘束時間が長かったり、写メ日記の投稿回数の指定があったりと、結構細かく縛りがあることが多いです。
店によっては、高額保証はエサで、ハイレベルの一部のキャストにしか反映されなかったり、出稼ぎ期間ぎりぎりでお客様からクレームが入ったという理由で辞めさせられ、保証額の支払いを拒否したりする所もあるようですので、注意が必要です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ